ハンドル

ハイブリッドカーの大きな魅力

シルバーの車

ハイブリッドカーとは究極のエコカーであり、現時点での最高のテクノロジーが結集された環境対策車ということができると思います。ガソリンと電気を連動させて排出ガスを最大限に削減させることに成功しました。おまけに燃費も申し分なく良いということで素晴らしい車です。

日本で大ヒットしましたが、日本だけでなく、環境を意識している欧米などでもこのハイブリッド車は普及しています。日本発の技術であり、日本のクオリティの高さを見せる車のひとつです。

このハイブリッドはエンジンが本当に静かです。道端で歩道を歩いていると後ろからハイブリッド車が近づいても気づかないくらい静かなのです。かすかにモーターの音がしているという感じです。静かでクリーンなハイブリッドは日本好みであり、大ヒットもうなずけます。

ハイブリッド技術はトヨタ自動車から始まり、ホンダやその他のメーカーも本格的に参入していますが、やはりトヨタの優位は変わらず、一歩先を行っている感があります。プリウス、アクアに代表されるハイブリッドはこれからもさらに進化していきます。燃費が36キロ前後まで伸びていますが、やがて40キロまで行くことも遠い将来のことではないと思います。

5ナンバー・3ナンバーの差はどこにある?

3ナンバー車と5ナンバー車ではどちらがより「ハイスペック」な印象を受けるか。そもそも3ナンバー・5ナンバーというのは分類番号のことで、分かりやすく定義を唱えれば、全長4700mm以下・全幅1700mm以下・全高2000mm以下・排気量2000cc以下(ディーゼル除く)が5ナンバーであり、このうち1つでもオーバーすれば3ナンバーとなる。現在の流れとしては、各社共3ナンバー車の数が多くなってきた。その理由はヨーロッパやアメリカでの販売展開を重視するようになったからである。特にアメリカは広大な国土故、道幅も当然広くスペースがいくらでもある。また、体格・体系も日本人より大柄であるため、小さな車では些か不便である。一方ヨーロッパはアウトバーンのようなハイスピードクルーズが可能な高速道路がある一方で、イタリア市街地のような細く入り組んだ比較的狭い道路も存在する。これらを全て考慮すると、日本独自のパッケージングでは対応しきれないのだ。日本の場合、高速道路の法定速度は最高で100km/h、一般道で70km/hとなる。しかし、欧米への適合を考えた場合、日本の衝突安全基準ではクリアできない=ヤワなボディとなる。そこで、鉄板に厚みを持たせたりボディーを大きくし、クラッシャブルゾーンを拡大させるために全幅を広げたり全長を長くすることが必要不可欠となる。もちろん、居住性も考慮すれば大きいことに越したことは無い。こういった点を見てみると「3ナンバー車の方がハイスペック」ということは強ち外れてはいないと言える。5ナンバーでも素晴らしい車はある。例とすれば「VWポロ」だ。5ナンバーと言えど、安全や性能に抜かりは無い。但し、日本の5ナンバー車とヨーロッパの5ナンバー車を比較するのはナンセンスだ。基本的なコンポーネンツが全く違うからである。


大阪本町の会計士事務所【リトラス総合会計事務所】 【リトラス総合会計事務所】は百戦錬磨の経験値と実績を持つ大阪の会計事務所です!失敗したくないならぜひパートナーに選びたい会計事務所です! 住所:〒5500005大阪府大阪市西区西本町1-7-1信濃橋FJビル6F 電話:06-6534-5806